シャドウバース/グラマス目指し縛りプレイについて

Last-modified: Fri, 12 Jun 2020 13:39:54 JST (100d)
Top > シャドウバース > グラマス目指し縛りプレイについて


目次 Edit


はじめに Edit

札束デッキ(=廃課金、リーダー縛り)を嫌い、多くのデッキを使いたい私としては1デッキに多くのエーテル、レジェンドレアカードを割くことはできません。

これまで以下の縛り、制約でシャドウバースのランクを上げてきました。

◎アンリミ
・レジェンド0デッキにてA帯まで到達
・2万エーテル/1デッキあたり縛りにてマスター帯へ到達
・3万エーテル/1デッキあたり縛りにてグラマス0へ到達

◎ローテ
・3万エーテル/1デッキあたり縛りにてマスター帯へ到達
・4万エーテル/1デッキあたり縛りにてグラマス0へ挑戦中

しかしながら、1デッキ作るたびにいちいちエーテルを算出することが面倒であるため、これに変わる縛り内容を次回(ナテラ崩壊の次パック時)に向けて検討したい。

レジェンドカードの1種3積み制限およびテンポラリーカード利用によるエーテル削減 Edit

レジェンドカードを3枚から減らしていくことでエーテル量を削減することが可能である。
また、テンポラリーカードを有効活用することで更に削減が可能。

構成エーテルエーテル削減率
レジェンド310500-
レジェンド3
(テンポラリー1)
7000-33%
レジェンド2
(テンポラリー1)
3500-67%
レジェンド1
(テンポラリー1)
0-100%

レジェンドを1枚削減することで3500エーテルの削減が可能になります。

また、3枚→2枚にした不足分を他のレジェンドで補ったとしてもエーテル使用量は削減されます。
例として、レジェンド2種3枚づつ6枚を2枚づつにした場合のエーテル量について下表にまとめました。

構成レジェンド枚数テンポラリー枚数ゴールド枚数エーテルエーテル削減率
レジェンド2種3枚
(テンポラリーなし)
60021000-
レジェンド2種3枚
(テンポラリーあり)
42014000-33%
レジェンド3種2枚
(テンポラリーあり)
33010500-50%
レジェンド2種2枚
(テンポラリーあり)
2229600-54%

ご覧の通り、レジェンドを1種類辺り積む枚数を減らし、テンポラリーを活用すればエーテル量の削減につながることがわかります。

次段(2020年6月末)からの縛り内容について Edit

以上を踏まえ、以下の縛り内容でプレイをしていこうと思います。

・ローテ:レジェンド1種につき、2枚まで

・アンリミ:レジェンド1種につき、1枚まで

ということで、今後とも宜しくお願いいたします。


更新履歴


関連ページ Edit

下層ページ一覧 Edit


同階層ページ一覧 Edit


上層ページ Edit

リンク


コメント Edit

コメントはありません。 シャドウバース/グラマス目指し縛りプレイについて/コメント

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White